花粉症対策への様々な食事療法や緩和方法の基礎知識を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

花粉症対策と不飽和脂肪酸

花粉症対策の食事療法や緩和方法を探している方はたくさんいます。 そんな花粉症対策の食事療法や緩和方法の基礎知識として、すすめたいのは、青魚。青魚の中には、アレルギー症状を緩和する効果があるEPAという名前がついた「不飽和脂肪酸」が豊富に入っています。この不飽和脂肪酸を十分に摂取することが、花粉症対策の食生活療法、緩和方法の基礎知識の一つとなります。
基本的には「和食」が花粉症対策の食事療法には最適だと言ってもよいでしょう。ただ、現代の食生活では上記のような花粉症対策に良い食事が取れていないのが現状です。 どうしても和食よりも洋食にかたよりがちでしかも、不規則な食生活になりがちな現代人。それが花粉症対策と反対の方法に向かって動いているのも 現実なのです。

鼻をかむ女性

花粉症対策に反する現代の食生活

現在の日本人の食生活は、脂肪分の摂取ばかりが増え、高タンパクで、高カロリーの食事が増加しています。これが続くと上記の、花粉症対策の食事療法や緩和方法どころか、成人病まで引き起こし、さらに花粉症でない人まで花粉症の発症率が上がります。 このことも花粉症対策の食事療法や緩和方法の基礎知識として覚えておきましょう。 もちろん、脂肪分の高いお肉を口にしたからと言って必ず花粉症を患う/悪化させるわけではないです。ですが、花粉症もちの方がこの食生活の改善を行わないと、花粉症対策の食事療法にも緩和方法にもならない、ということも基礎知識として必要です。

カップ麺

インスタント食品や加工食品も花粉症対策には大敵

また、花粉症対策として、洋食だけが悪いわけではなく、カップ麺などの嗜好品も花粉症の悪化や発症の一歩となることをしっておきましょう。 加工食品などに混入されている食品添加物も、アレルギー反応を敏感にするのです。インスタント食品や加工食品を利用した日常生活は、栄養が十分に摂取できませんよね。 花粉症対策の食事療法や緩和方法をしっかり行うなら、上記のような食事もよくないことを基礎知識として頭に入れておきましょう。

ファストフードも花粉症体質には逆効果

鼻水をかむ人

ファストフードなどの食べ物は、時々摂取する分には美味しいし手軽で良いですが、そればかりを食べると、花粉症対策の食事療法や緩和方法とは真逆です。 基礎知識として、これらのファストフード等も控えなければならないことを知っておきましょう。特に花粉症対策をしたいなら、すぐに食事療法として、これらの改善を行うことが大切です。

今まで、高カロリーなジャンクフードを摂取しすぎていた人は、魚などを摂取するようにしましょう。絶対にダメだといってるのではないので、和食中心の食事療法を心がけ、気分転換で好きなものをたまに摂取してストレスを発散しましょう。 時々、カップ麺、ファストフードなどを食事にしますが、日常的に食べるより時々食べるとおいしさも格段です。

ポイントイラスト 様々な栄養素を取り入れて花粉症対策!

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎はやはり食事内容、という基礎知識をもち、いろんな食べ物の中で、たくさんの栄養素、いろいろな成分が取れるような食事をとりましょう。 1日何品目を摂取するという目標を作り、いろんな食材を食事とすると症状が緩和されます。

では、花粉症対策で、どんな栄養素が食事療法として良いのでしょうか。 「花粉症に良い栄養は何か?」と言う疑問があるとおもいますが、最初は、タンパク質をとることが緩和方法につながります。 免疫の機能をあげるためにも、タンパク質は必要不可欠なので食事療法で症状を緩和する人は、このことを 基礎知識として覚えておきましょう。ただ持病をお持ちで食事制限がありタンパク質に制限がある方などはタンパク質を摂りすぎると、持病 が悪化する恐れがありますので、そういった方は自分の食事制限の内容と照らし合わせて可能な範囲で食事療法を行う必要があります。


相互リンク
http://www.tanteisan.com/
http://www.jitsuin-senka.com/

症状緩和に有効なビタミンとミネラル

ミネラルイメージ

そして、次の花粉症対策の食事療法のビタミンとミネラルの話です。体内にあるもともとの機能を有効させるためにはビタミン、ミネラルは緩和方法として必要不可欠です。ビタミンでも、特にビタミンB6は、免疫機能が手際よく働くためには大事な栄養素となることも基礎知識です。これが足りなくなってしまうと、アレルゲンの影響をうけてしまい、症状がより悪化し、緩和方法になりません。

ポイントイラスト 花粉症対策にはビタミンが必要不可欠

花粉症の方は、目の粘膜や、鼻の粘膜に炎症の病状が目立つと思います。この炎症は痒みとなって現れますが、体内に、活性酸素が増加すると、炎症などは悪化してしまいます。それを避けるために、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEが、活性酸素を倒すための抗酸化作用が含まれている栄養素です。なので、食事療法として、花粉症対策にはビタミンが必要不可欠といわれるのです。

ミネラルですが、そのなかの亜鉛がキーとなっています。亜鉛が足りなくなってしてしまうと、免疫機能が 著しく下がってしまいます。加工した食品には亜鉛の吸収を妨害します。食品添加物をたくさん摂取していると、 活性酸素が増加し花粉症対策の食事療法や緩和方法にはなりません。 このように食品添加物は大敵となりますので、しっかりと自分の食生活の中の食事に添加物が大量に 入っていないかを確かめる必要があるのも基礎知識です。そのためには何が添加物で何が添加物でないのか、という知識を しっかりと持っておく必要があるのです。

相互リンク
無料法律相談
http://i-eigo.net/
http://www.magfine.it/it/

加工食品より和食

加工食品と、生鮮食品では中に入っている栄養素もかなりの違いがあるので、結論的には栄養バランスが悪化してしまうようです。 大事な栄養素が足りなくなったりしたり、成分がアンバランスになり、花粉症対策の食事療法にはなりませんので、これまで、加工食品を摂取しすぎたという人は、早めに食生活の改善し、症状を緩和していきましょう。

忙しくて自分でご飯を作る時間がない人は、どうしても外食、コンビニに手を借りてしまいますが、花粉症対策の食事療法として、脂質が著しく低い和食の食事に変えてみるだけでも、バランスが改善され緩和方法につながります。 基礎知識として、古くからいわれている、ご飯の主食、主菜、副菜などを、たくさんのものを食べることがバランスを考えた栄養分を摂取することになると知りましょう。

 お薦めの食べ物と控えたほうが良いもの
ひどい花粉症

花粉症対策の緩和方法をよりよくするには、から揚げより、魚の煮付け、ハンバーガーより、肉じゃがを選択し、野菜や海草 などの、栄養もよく考えた食生活の改善を行いましょう。 なお、甘いものが好きな人にとっては聞きたくない人がいると思いますが、 花粉症対策としては糖分摂取はタブーなのも基礎知識です。 これらの基礎的知識をしっかりと持っておき、日常の食事にしっかり気を配ることで、 花粉症対策ができるようにもなるのです。

先にも書きましが、アイス、ケーキなど糖分が多いものを、摂取しすぎると花粉症の炎症が悪化し症状も緩和されません。アイスを食べると体 が冷え、コーヒー、南国フルーツ、牛乳などの飲み物は、体を冷却するので、日常的に排除して、とは言いませんが、せめて症 状がひどい時には花粉症対策の食事療法として、控えましょう。あらかじめ体を冷たくしてしまう食材や飲み物などの基礎知識を 調査しておきくことも花粉症対策の食事療法にとって大切な作業になってくるので、しっかり調べておく必要があります。 これらを知らないと知らず知らずの間に身体を冷やしてしまい、それが元で冷え性になってしまう可能性があるからです。

相互リンク
http://www.js-iijima.jp/
http://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/tokorozawashi-saijou/
http://lozelhomme.com

花粉症対策にお薦めのもの1ーハト麦

花粉症の子供

花粉症対策の食事療法や緩和方法によい物として、現在も色々研究が行われて色んな食材やその他の物が発表されています。 こうした食材を花粉症対策の緩和方法として中国の方でも取り入れてきているそうです。日本でも花粉症の緩和方法の一環として取り入れられていますので、是非食事療法と合わせて花粉症の症状を緩和して欲しいと思います。まずは、ハト麦をご紹介したいと思います。

皆さんご存知のハト麦ですが、中国の花粉症対策の食事療法にも合わせて使われています。日本ではハ ト麦茶がこれにあたります。ハト麦はとても良い効果が有り、花粉症対策の食事療法に合わせるだけでなく、美容健康食品とし ても使用されていたようです。そんなハト麦には花粉症を緩和させる免疫機能を改善させる作用が有り、アレルギー反応 を抑えてくれるので、花粉症対策の食事療法に取り入れない手はありません。このハト麦を使った方法での花粉症の改善方法を 知る人はほとんどいないのですが、効果はかなり期待できるものです。手軽で継続しやすいので、 是非試されてみるとよいです。自分にも効いたらぜひ周りの人にも紹介しましょうね。

 花粉症対策にお薦めのもの2ー海藻
海藻類

上記以外にも、海藻類も花粉症対策の食事療法として効果的です。海藻類には多くの食物繊維、ビタミン類があり、花粉症の症状を緩和させる免疫機能を高めてくれる作用が有ります。その中でも特に花粉症対策に貢献するのが、スピルリナと言う成分で、免疫機能の向上で花粉症の緩和方法としてだけでなく、抗ガン作用も有ると注目を集めています。

また古来より日本人が大好きな食材としては納豆も花粉症対策の 食事療法に効果的です。症状の緩和方法として、納豆が免疫機能を向上させると 言うよりは、花粉症の症状を引き起こす成分を中和するして症状を緩和させる分解酵素 がたくさん含まれています。 この分解酵素の働きにより、花粉症の 症状を緩和させて行く事が出来るのです。 納豆が食べられるのであれば、食事に是非取り入れましょう。

 リノール酸の長所と短所

花粉症対策の食事療法、緩和方法のもう一つの基礎知識として知っておきたいのが、植物油に入っている、リノール酸です。これは本来なら体には必要不可欠なものです。なので、体内に入れなければならないものなのですが、摂取しすぎると花粉症対策としてはNGなので気を付けなければなりません。全く摂取しない、とういのでなく、取り込みすぎに注意しましょう。 植物油を使用している揚げ物だけでなく、ドレッシング、マヨネーズなどにも使用されているようです。フライを食事とし、サラダをドレッシングで 食したら、それだけで植物油を取り込みすぎてるということになります。サラダにかけるものを変更す るなど、こちらも花粉症対策の食事療法として頭に入れておきましょう。このようなちょっとしたところでも花粉症対策が食事の中で できてしまうのです。ぜひ日常の食事の際に少し気を配ってあげましょう。特に制限をかけるわけではないので、 簡単にできる対策方法になりますよ。毎日朝昼晩と対策を食事から出来るので、安心感もだいぶ変わってきます。

花粉症対策でお悩みの方へ最後に

ここまで、花粉症対策における食事療法等や緩和方法に関して、良い食べ物、悪い食べ物や日常生活についてを書いて いきましたが、一番の基礎である食事は日常なので極端に行うと挫折しがちですので、自分のペースで改善していきましょう。そして、その中で、自 分で「これは花粉症に良い、これは花粉症に悪い」というものを記憶し、よいものを進んで摂取するように気を使うと良いです。 あまり無理をしすぎると継続できずに無意味になってしまいますので、無理なく継続できる方法を自分で探していく必要があります。

 家族で協力しましょう
みんな元気に

家族に花粉症対策している人がいる家庭は、 花粉症による今まで書いてきた食事療法や緩和方法を十分に活用し、メニューを練って頂けると幸いです。 複雑な料理もありますが、簡単にできて、花粉症対策の食事療法や緩和方法につながるレシピもたくさん存在しています。メニュー次第で本当に花粉症が改善してしまうのです。 食生活の改善は、元気な人にとっても健康を保つためにとても良きものとなるので、花粉症の人限定の事ではありません。家族が協力して行えば、 花粉症の症状を緩和する、家族の元気な体作りにもつながるので、健康な家庭が生まれることでしょう。 これまでいくつかの花粉症緩和に役立つこれらの基礎知識をご紹介して参りましたが、花粉症に悩む人の ご参考にして頂けると幸いです。