様々な効果がある強い抗酸化作用

サイトマップ

トップバナー

強い抗酸化作用

老化を遅れさせたり活性酸素を排泄する

ポリフェノールというのは、植物に入っている物質で、光合成により、作成された成分です。色や味の成分のことですが、赤ワインの苦みが苦手な方も多いと思います。植物が大体入っていて、種類をあげるだけでも5000以上の植物が入っているといわれています。

5000種類ものポリフェノールは、その植物によって効果的なものも変化するので、どの植物にも同じようにいえるのは、「強い抗酸化作用」に対し強い期待が出来ます。アンチエイジングでも、有名なポリフェノールでしょうけど、美容面で人気に火が付いたように、老化を遅れさせたり、活性酸素を排泄してくれたりと、いろいろな役割があります。

ポリフェノールが多く入ったものを摂取

知ってる人もいると思うのですが、活性炭素は、細胞を老化させてしまう理由ともなります。たくさんの疾患の根源ともなっているので、健康な体作りを阻止されてしまう物質です。なので、元気な体作りのためにも、花粉症の食事による治療のためにも、ポリフェノールが多く入ったものを摂取するようにしたいですね。

成分名がポリフェノールという名前ではなく、他の名前で広まってしまったものがあるので、ここに書いておきます。こちらもポリフェノールの種類の中のものなので、花粉症の食事による治療にも役立てていきたいものです。赤ワインは、プロアントシアジニンという名前のポリフェノールが多く入っています。

緑茶などのお茶はカテキン、大豆には大豆イソフラボン、蕎麦は、ルチンと言う名のポリフェノールが入っています。そして、コーヒーはクロロゲン酸、たまねぎは、ケルセチン、というような感じで少し違った表示がされているケースもあります。

ポリフェノールと5大栄養素

ポリフェノールがお肌に効果的だとか、花粉症に効果的と言われているのですが、そのようなことよりも一番に人間にも、大切で欠かせないものだということがわかりました。事実、近頃、人間の体内に必要な5大栄養素に、ポリフェノールも含まれていることが発表されたのです。

5大栄養素は、知っている人はたくさんいると思いますが、炭水化物、脂肪、ビタミン、タンパク質、ミネラルの四つです。このあとで、食物繊維が入ってきます。その後半で七番目の栄養素としてポリフェノールが入ることが新しい情報です。

ポイントイラスト 人間の健康や土台作りで欠かせないもの
赤ワイン

この流れを見ると、単純に老化防止やアンチエイジングだけにいい結果あるのではなく、人間の健康や、土台作りで欠かせないものだということがわかってきました。そうして、花粉症を緩和するのは、食事による治療として、ポリフェノールが多く入っている食品を摂取し、免疫力を向上するビタミンや、ミネラルも取り込んでいかなければなりません。

同じように、砂糖を使用した糖分系のものや、動物性タンパク質、脂肪分はなるべく食べないようにしなければなりません。いろんな栄養素を考えながら摂取することが、食事による治療となります。 そして、和食の定食だとしたら、焼き魚にご飯、味噌汁、小鉢が何個か出されると思うので、様々な栄養を摂取し、バランスを考えながら食べられるのでお手軽です。

なので、花粉症の食事による治療は、和食を摂取するようにすれば問題はないと思います。和食は煮物などといった、たくさんの野菜を使用した料理も たくさんあるので、脂肪分を摂取しすぎるメニューは少ないはずです。 最近では温野菜メニューの専門店などもあるので、足を運んでみて、どんな野菜を使って、どのようなメニュー、調理法なのかを勉強して ご自宅での料理に活かされても効果的です。インターネットで調べればご自宅から一番近い場所がすぐにでるはずですので、口コミサイトなども 同時に利用しながら探してみましょう。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識