アレルギーに対する医療は進歩途中

サイトマップ

トップバナー

アレルギーに対する医療

生活する場所とアレルギー症状

花粉症患者が増えていく現代ですが、アレルギーに対する医療はどうなっていくのでしょうか? しんどい症状の花粉症と大腸の関連とはっているのでしょうか。 衛生的に病原菌が多く発生している所のほうが、 アレルギー反応を起こしにくいという、という説を耳にしたことがありますか?一般的には衛生学説と名前がつけられています。

生活する場所とアレルギー症状には、関連があるようです。だけど、医学の進歩は目に見えてわかりますが、 現在の状況では効果を証明できてはいません。他にも、「体内に無数に存在する細菌を種類別に分けた場合にアレルギー反応と 関連があるのではないか?」と、目に見えてわかるほどではないですが、細菌とアレルギー反応との関連に、興味を持つ方が増えています。

最新の治療への一歩

医学が進み様々な病気の治療が発見された現代でも、アレルギー反応へのゴールとして、いうなればアレルギーの病状を軽くする治療が、ほとんどで、アレルゲンであるアレルギーの原因となる物質に反応を起こさないようにするスタートにの根本的な問題については、医学がこれだけ進歩した今でも、対処の方法が見つかってはいないようです。

ですが、アレルギーには、医学的にも最新の研究が取り組まれていて、かなり広い視野で行われているようです。 大腸とアレルギーの関連について、食物により病状を軽く出来る可能性があるかもしれない、というような研究がここ数年で多く 取り組まれていています。今回、アレルギーを抑える研究に目を置くため、アレルギーの症状と最新の治療への一歩を調べました。

アレルギー反応

アレルギー反応の起こり方と基本の話です。脂肪細胞により、ヒスタミンが体内で出されてしまいます。 アレルギーはどうやって体内で拒絶反応を起こすのでしょうか? アレルギーというものは、本来人類にとって有害なはずの ないものなのですが、その物質を、体が「異物」ととらえてしまい、体内から出そうとして起こるものです。

たとえていうならば、花粉症というアレルギー性の病気の原因となる花粉は、体に侵入しても、命がどうのこうというものなわけではないのです。 しかし、花粉が原因となってしまうアレルギーを発症してしまうと、くしゃみや涙目などで、原因となってしまう花粉を体内から、 体外へ出そうとするために、花粉症となってしまうのです。

ポイントイラスト 花粉症予備軍
止まらない鼻水

例に花粉症をおき、見てみましょう。花粉という「アレルギー抗原」が鼻の粘膜などにつくと、体は花粉を異物ととってしまい、戦う物質、 「IgE抗体」を出します。体の中に花粉のIgE抗体をもってしまうと「花粉症予備軍」となります。花粉症の血液検査は、血の中のIgE数を数値化し アレルギーの症状を見ることがあります。しかしこれは体に現れず、検査を受けないとわからないことですので、 見過ごされることが多いのも実情です。アレルギー検査を受けるのは血液検査だけなので簡単なのですが、それでも 受けようと思う人が少ないですよね。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識