花粉症予備軍から発病しないための対策

サイトマップ

トップバナー

花粉症予備軍

どうして予備軍から花粉症になる?

さて、花粉症というのは恐ろしく、予備軍になってしまった患者の、30~50%という数値の方が、残念ながら花粉症になってしまうという ことがわかっています。では、どうして予備軍から花粉症になってしまう患者が存在してしまうのか、その原因となってしまうものなどは、 今の医学や研究では、明確には、なっていないようです。

発症の順番を紹介します。戦う物質であるIgE抗体は、粘膜や体内にある「肥満細胞」にひっついてしまいます。ひっついてしまった、 IgE抗体にアレルギーの原因となる花粉がついてしまうことで、肥満細胞から「ヒスタミン」や「ロイトコリエン」などの物質が出されます。 このようなものが神経や血管などを刺激し、鼻水や目のかゆみといった症状に繋がります。

ヘルパーT細胞

詳しく紹介してみましょう。戦う物質が大量で体内において生産されると、アレルギーという病気になってしまうのですが、どうして、 アレルギー体質の人は戦う物質が人より大量にあるのでしょうか。アレルギーの原因となる花粉が体の中にはいってしまうと、「ヘルパーT細胞」 と名前がつけられている細胞に花粉の侵入が伝達されてしまいます。

先ほど紹介したヘルパーT細胞がアレルギー反応を起こすキーとなります。ヘルパーT細胞は、Th1とTh2と名前が付けられている二つがあり、 通常はこの二種は、同じ状況であり、健康な状態を維持しています。その動きには、 細菌感染に応答するTh1細胞に関して、Th2細胞はアレルギー反応が起こされることに関連してます。 このような複雑な細胞の働きが花粉症を引き起こす原因となっているのです。

腸内細菌とアレルギー

少し聞きなれない言葉が多いですが、アレルギーとなってしまう物質などについて分かったでしょうか? これから、アレルギーに関した、最新の研究について書いてみましょう。ヨーロッパでは、アレルギーによる湿疹に、腸内細菌とアレルギーの研究が広がってきました。根本的には、乳酸菌を摂取することで、崩れてしまったTh1細胞とTh2細胞のバランスを調節しよう、というものとなります。

2004年のときの話ですが、人体による臨床試験も盛んになり、一種の乳酸菌がTh1細胞によりよい働きをさせることができ、 増加しすぎてしまったTh2との調和をよくすることが発見されました。つまり、今まで打つ手がなく困っていた、 アレルギーの根源となる物質に対し、アレルギーが発生しないにするスタートへの、希望へと近づいているということです。

ポイントイラスト アレルギーの病状を軽減する乳酸菌が発表
喜ぶ女性

我々が住んでいる日本でも、最近、Th1細胞を活性化させる乳酸菌の研究への熱心さが目に見えてわかるようになりました。 Th2細胞を減らすことでT細胞の調和を治す乳酸菌が存在する、という研究結果が発表され、近いうち、アレルギーの病状を 軽減する乳酸菌が発表され、アレルギーを苦にして生きる人が多い時代のゴールが見えてきたのかもしれません。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識