効果的でヘルシーな食事の取り方と情報

サイトマップ

トップバナー

ヘルシーな食事

洋食より和食派の人の方が元気

洋食はみなさんが知っているように、たくさんの肉や脂が使われた料理なので、動物性タンパク質などがアレルギーに悪影響なのです。一般的にあげるならば、洋食より和食派の人の方が元気だということは、たくさんの人が知っているでしょう。

トータル的なカロリーからもわかるように、和食の焼き魚のごはんと、洋食のハンバーグライスを重ね合わせてみると、和食が格段に、ヘルシーだといえます。なお、ここ数年、和食の素晴らしさに人気が出ていますし、いろいろな病気がよくなるには、脂肪がたくさん含まれる洋食より、ヘルシーな和食のほうがよいとされています。

その結果、洋食がたくさん日本ではやる前、人々は当たり前のように和食のみを食していたから、今と同じように成人病や糖尿病、などの、現代病などという病にかかってしまう人も格段にいなかったと思います。

食生活がアンバランスに

さらに、少し前の話ですが、メタボリック症候群という単語すらも存在してませんでしたよね。これほど、日本の食べ物が変化してしまい、他国輸入の食品が増加し、24時間営業のコンビニエンスなどが増加し、とても便利な時代に変化したこととの代償に、食生活がアンバランスになり、体調不良の人が増加したのも現実です。

糖尿病などで使われている、食事療法などにも、当たり前にヘルシーである和食の使用が多いようです。和食中心の食べ物を摂取していれば、花粉症防止にもつながり、現代病といわれている不摂生を避けることも可能となるのです。 各地で和食が取り上げられているのは、本当に和食が体に良い食事であるということでしょう。食事療法という少し面倒な治療を行わなくても、普段の食事を和食に切り替えるだけでも、花粉症は少しずつ良くなってくると思われます。

肉類や脂肪分は消化に時間がかかる

肉

肉類や脂肪分は、体に取り込んでしまったあと、体外に排出するには、少なからず時間がかかってしまうようです。なので、排出しきれないものが体内に蓄積されていくということになります。栄養分であるのに、体の中では、「消化されにくく、残っている異物」という形でとられてしまうので、それの悪循環により、免疫の動きを少なからず活性化させてしまうのです。

だけど、考えてみれば不思議です。肉類も大切な栄養分であるはずなのに、吸収消化ができにくいために、体の中で別のものと勘違いを起こしてしまうとは。人間の臓器というのは、興味深いものであるのは確かですが、たまに頭を悩ませるような活動をします。

ポイントイラスト 新しい情報を得る方法も増えている

免疫はもしたった一度でも、活動してしまったのなら、抗体を作り出してしまい、抗体の数は何のメリットもないのに増えてしまいます。なので、花粉が体の中に入ってきたとき、かなりの量のの抗体が花粉に刺激されることになり、鼻水、涙が出る、などという過剰反応を起こします。 花粉症もこのようなの免疫系が引き起こす病気なので、食生活を見直すということは、正しい花粉症予防といっても過言ではありません。体内にある機能を正しく活用するためには、食事療法も大事となってくるようです。

では、ここ数年で、増えてしまった花粉症患者のため、新しい情報を得る方法も増えているようです。花粉の飛散状況を通知する、「花粉情報」もあるようで、このようなものを匠につかい、たくさん飛んでいる時はあまりお出かけは好まれませんね。

でも、情報をえることで、眼鏡をかけたり、マスクを着用したりと、お出かけ前のの準備も可能になるので情報収集も花粉症と向き合っていくうえでは欠かせません。花粉症はとてもつらい病気で心底に嫌気がさしますが、予防や食事療法で、十分な準備をし、少なからず快適な時間を送れる方が増えて欲しいものです。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識