甘い物がダメな理由と療法

サイトマップ

トップバナー

甘い物はダメ

アメリカではブタクサ、ヨーロッパはイネ科の花粉症が多い

春先がくると、花粉症患者の人がしんどそうにしている姿が良く目につくと思います。日本人は花粉症患者の人がわりと多くいるという印象がありますよね。日本で多くあるスギ花粉が、花粉症の要因としてメディアなどで報道されますが、アメリカでは、ブタクサでの花粉症がおおいようです。 また、ヨーロッパになると、イネ科の花粉症患者が多くみられるようです。

花粉症という言葉が今のように知られる前、昔にも春先にくしゃみ、鼻水が出るという病気に悩んでた人がいたかもしれないですね。花粉症と自分で受け入れる人が増えてきたのは、最近になってからといえるかもしれません。そして、ブタクサという植物は第二次大戦後にアメリカから日本に上陸したようです。

今は日本中に生えているブタクサなのですが、他の名前で、マッカーサーの置き土産という名前もあり、米国からのものであることがわかります。それと、花粉症の理由のひとつ、カモガヤこれは、明治時代におおく繁殖したと言われることが多いです。

食事療法が一番いい

そして、花粉症はアレルギー性の病気ですが、アレルギー症状といわれているものは、体がどんな状況にあるかによって、病状がひどくなったり良くなったりします。なので、体の動き方により、逆に悪化してしまう場合もあります。といいますのは、体調が優れる日が増えたりすると、アレルギーの病状は軽いもので終わるということになります。

それでは、どういった対策をして花粉症を良くすればいいのかというと、それは、食事療法が一 番いいです。これをご覧の方の中に、食事療法を耳にすると、糖尿病の人が口にしているような味もか なりの薄味で美味しくはない和食を思い浮かべる方がいると思います。

バランスよく摂取

いってしまえば、味付けをあまりしなかったり、カロリーを少なくしたりした、食事を食べることは体調のためにプラスになりますが、紺詰める必要はないでしょう。食事療法とひとくくりにしても、いうなれば花粉症の病状を悪化してしまうようなものを食べずに、そして、健康によいものをバランスよく摂取する、だけでいいのです。

食品として、体内に摂取されたものは、知っているように体の中で、各種の機関の働きで、いろいろな物体に分けられていきます。そして、食べ物の中にある栄養分が体内に吸収されていくわけです。そのつど、物体同士が働き、体を支え、体調を作る細胞を作っていっているようです。 なので、体に悪影響な働きをしてしまうものがある時は、その食品を食べないようにしなければなりません。

ポイントイラスト 食事療法のひとつ
スイーツ

花粉症の人は、体の中にどんな食品を摂取した場合に、悪影響になってしまうのか、それらを考えながら食事を接種するという食事療法となります。例を挙げるなら、花粉症の症状がある人のケースですが、デザートやお菓子、間食などといった、糖分が多いものを食べすぎるのは絶対にダメです。

「花粉症の方は甘いものを食べるな」と全てを否定しているわけではありません。ただ単に、「甘いものを食べ過ぎてしまうことは注意する必要がある」といっているだけなのです。言い方を変えれば、食事療法のひとつということです。

ただ、どうして、花粉症の人には、甘い物の摂取のし過ぎがタブーとされているのでしょうか。糖分が 多いものに使用されていることの多い、糖分ですが、この糖分には、残念なこ とに花粉症を筆頭にするアレルギー症状に悪影響があります。人間が食物でうまみを感じる大きな要素として 糖分があります。この糖分が花粉症にも悪影響を及ぼすので、残念ですが花粉症の症状改善には糖分の コントロールが必要なのです。ただ悪いように考えず、糖尿病予防やダイエットだと思えば、少しは楽になりますよね。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識