花粉症には糖分が逆効果

サイトマップ

トップバナー

花粉症と糖分

ビタミン不足になるとお肌のコンディションも最悪

花粉症だけではないアレルギー症状を治療中の人は知っていると思いますが、アレルギー反応を起こす方にとって砂糖は良きものではないのです。なぜかと言われれば、砂糖という物質には、体内に摂取され分解される時に、ビタミンB1を使用して分解することになります。

どういうことかというと、糖分をたくさん摂取してしまうと、糖分に比例し、体内にあるビタミンB1を使用した分解が必要となります。そうなってしまえば、ビタミンB1がたくさん使われてしまい、体の中でビタミン不足が起こってしまうのです。

さて、ビタミン不足となった我々の体はどのような症状を起こすのでしょうか。ビタミンが足りていない状態の体内は、アレルギー症状をより一層悪化させてしまいます。なので、ビタミンが足りないと精神的にも安定は望まれず、ソワソワしたり、いらだつことが増えたり、このような悪循環が起こります。 女性は知っているでしょうが、ビタミン不足になるとお肌のコンディションも最悪になることでしょう。

糖分は体内に取り込み過ぎないようにする

花粉症のアレルギー症状を今以上に、悪い状態にしないためにも、ケーキ、お菓子などの砂糖を使用した糖分は、体内に取り込み過ぎないようにしなければなりません。なので、このような糖分が含まれるものは時々ならいいですが、食べぎてしまうとメタボリックのもとともなります。

同じように肥満の種ともになってしまう、脂質も花粉症患者は悪い成分なので、脂質と糖分を必ず摂取しすぎないように心がけることが、花粉症患者のの療法であり、身体を元気で綺麗にしていくことにも効果的です。健康な体づくりが出来るような食事を続けていれば、薬に頼るだけではなく、食事療法で内側から花粉症を改善できるでしょう。

お出かけにはマスクが必要不可

可能なことならば、花粉症には一切かからず生涯を終わりたいのですが、花粉症になってしまうと、言葉では表せれないほどきついでしょう。鼻水が出続け、女性の人は丁寧にお化粧を施しても、有無を言わさず鼻水とくしゃみで台無しになってしまいます。

お出かけにはマスクが必要不可欠となってきますし、目のかゆみがひどくて目が真っ赤になってしまう人もいるようです。花粉症用のメガネやマスクはとてもじゃないですが、おしゃれではありません。 花粉がたくさん大気中に待っている時にはお出かけすらも気分が乗らないと思いますが、毎日のお仕事で外出する方は本当にしんどいと思います。

ポイントイラスト 食事療法に取り組んでみるのもあり
辛い花粉症

それに、とても重症の症状の人になってくると、鼻の症状がどんどんと、悪化して、喘息発作とまで悪化してしまう人もいらっしゃいます。知られてませんが、便秘や下痢など、花粉症とは全く関係のない印象でしょうけど、花粉症により消化器系が悪くなる方もいます。とても激痛の頭痛に悩まされる人もいて、気が気じゃないと思います。

花粉の発生時期が終わってしまえば、症状も徐々にではありますがおさまります、ですがこれが毎年毎年、襲ってくるのです。花粉症ではない人が、ある日いきなり、花粉症が発症する可能性があるみたいなので、日常的な食事療法で、アレルギー対策ができるような強いからだを作っておかなければなりません。

もしも、いきなり、発症した場合でも日常として食べるものを、栄養バランス正しく考えて摂取していれば、出てくる症状もかなり軽いも のとになるでしょう。 そして、今、とても悩ましいほどの花粉症でつらい思いをしている人は、担当医の話を聞き、食事 療法に取り組んでみるのもありだと思います。上に書いたように、糖分の摂取のし過ぎにはいいことがないのです。 糖尿病の発症の原因にも糖分の過剰摂取は要因になります。糖尿病は万病の元になりますので、糖分の摂 取に関しては十分な注意を払うようにしましょうね。色々な病気が重なってしまうととれる対策も取れなくなってしまいます。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識