できるだけ室内で安静に過ごす為の方法

サイトマップ

トップバナー

できるだけ室内で安静に

過度な窓や戸の解放はやめましょう

通勤などで外出する人は、外に出るなというのは無理難題、主婦の人や、会社勤めの人で休日であるのなら、そんな時、ぜったいに外に出なければならない時以外は、室内で安静にしていることをお勧めします。

もし、外に出てしまうと、症状が出てしまうだけでなく、室内にも外からの花粉を持って帰ってしまうこととなります。服に着服して部屋の中に入ってしまった花粉で、症状が悪化してしまう人が多いのも事実です。大切なな用でないのならば、花粉が多く飛んでいる日の外出は避けるようにしましょう。 そして、窓や戸を開けっ放しにしておくのは、花粉が多い日には絶対にやってはいけないことです。 窓や戸から入った風に乗り花粉が室内に侵入してしまいますので、過度な窓や戸の解放はやめましょう。

空気をたくさん含む暖かい衣服はタブー

ぜったいに、外に出なくてはならない用事があるのならば、マスク、メガネなどの予防グッズは必ず身につけましょう。予防策として、室内では食事による治療、症状がひどければ薬の服用、室外では花粉を体内に入れないような防具が必要です。食事による治療だけでは花粉症は治りませんので、いろんなやり方で複数により、花粉症を打ち返しましょう。

そして、毛織物などの素材で作られた衣服は、厄介なことに繊維に花粉が入りやすいので、外出する際はこのような服は避けてください。花粉がたくさん飛んでいる時期は、まだ少し肌寒いですが、空気をたくさん含む暖かい衣服はタブーです。

ポリエステルやレザーなどの、花粉が付着しても簡単に、落とせるような素材の服を好んできることをおすすめします。我が家についたからと言ってそのまま、リビングへ入ってはいけません。玄関に入る前に、自分の体に付着してしまった花粉を落として、家の中に入るようにしましょう。花粉が特に多い日などは、掃除機、はたき、コロコロのテープなどの道具を使い、花粉を落とすことも大切となってくるでしょう。室内に入ったら洗顔、うがい、鼻もかんでおくことが大切となるでしょう。

お風呂

入浴中

お出かけから帰ってきたら、その流れで、お風呂に入るのも花粉をいっぺんに落とすことが出来るので、やってみてください。日常から、室内に花粉をためてしまわないように、掃除を心がけるのもいいでしょう。上に書いたようなことを毎日の生活で気にかけ、必要なものは、薬の服用、毎日の食事による治療、これらをやればほぼ完ぺきな花粉症対策ができるでしょう。

外だけではなく、体自体が健康でないと、それらは何の結果も生まないでしょう。抵抗力を身に着けるためにも、栄養のバランスを正しく考えて摂取し、食事による治療は長めに行わなければなりません。

そして、花粉症という診断結果が出ていない人は、花粉症かなと思ったら、なるべく早期の状態で病院へ行くことをおすすめします。例を挙げるなら、風邪ではないのに、鼻がムズムズ、目が赤くなった、目がかゆいなど、知られているな花粉症のような感じがあれば、病院へいってください。

ポイントイラスト 十分に規則正しい日常を
目が充血

そのほかにも、涙が出る、目に違和感がある、鼻が詰るなどといった病状も花粉症の初期段階の疑いがあります。早めの治療が開始されれば、早い時期なので、花粉が炎症反応を起こしてしまうことに拍車をかけずにすみますし、食事による治療もより効果的となるでしょう。

悪化して重い症状になることを避けることに繋がるし、花粉症のせいで、私生活にデメリットを及ぼすことも減っていくことでしょう。花粉症にかかっていない人も、私生活や、食事などには気をかけ、十分に規則正しい日常を送ってほしいものです。

食事による予防まではしなくても、毎日食べるごはんで偏らない栄養を摂取し、病気などの免疫力をつけるの も大切なこととなっていくでしょう。こうやって心がけることから、本当に花粉症になってしまったときも、そ こまで症状が悪化せずに済むでしょう。症状がきつくなるのだけは耐えられない事ですので、治療と同時に症状悪化を 押さえる努力もしましょう。

花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識