花粉症対策の食事療法と緩和方法の基礎知識

サイトマップ

トップバナー

花粉症対策と不飽和脂肪酸

花粉症対策の食事療法や緩和方法を探している方はたくさんいます。 そんな花粉症対策の食事療法や緩和方法でオススメしたいのは、青魚。青魚の中 には、アレルギー症状を緩和する効果があるEPAという名前がついた「不飽和脂肪酸」が豊富に入って います。この不飽和脂肪酸を十分に摂取することが、花粉症対策の食生活療 法、緩和方法の一つになります。
基本的には「和食」が花粉症対策の食事療法には最適といえますが、現代の不規則な食生活ではこういった な花粉症対策に良い食事をしている方は少ないのが現状です。

鼻をかむ女性

花粉症対策に反する現代の食生活

現在の日本人の食生活は、脂肪分の摂取ばかりが増え、高タンパクで、高カロリーの食事です。これが続くと、食事療法どころか 成人病まで引き起こし、さらに花粉症でない人も花粉症の発症率が上がってしまいます。もちろん、脂肪分の高いお肉を口にしたからと言って必ず花粉症を患う/悪化させるわけではないですが、花粉症の方がこの食生活の改善を行わないと、花粉症対策にも緩和にもなりません。

カップ麺

インスタント食品や加工食品も花粉症対策には大敵

また、花粉症対策として、洋食だけが悪いわけではなく、カップ麺などの嗜好品も花粉症の悪化や発症の一歩となることをしっておきましょう。 加工食品などに混入されている食品添加物も、アレルギー反応を敏感にするのです。インスタント食品や加工食品を利用した日常生活は、栄養が十分に摂取できませんよね。 花粉症対策の食事療法や緩和方法をしっかり行うなら、こういった食生活面と栄養面も直していきましょう。

ファストフードも花粉症体質には逆効果

鼻水をかむ人

ファストフードは、時々食べる分には美味しくて手軽で良いですが、そればか りを食べると、花粉症対策とは逆行することになります。 基本的に、これらのファストフードは控えなければなりません。特 に食事療法をメインで花粉症の対策をするなら、すぐにこの改善を行うことが大切です。

今まで、高カロリーなジャンクフードを摂取しすぎていた人は、魚などを摂取するようにしましょう。絶対にダメ だといってるのではないので、和食中心の食事療法を心がけ、気分転換で好きなもの をたまに摂取してストレスを発散しましょう。 時々、カップ麺、ファストフードなどを食事にし ますが、日常的に食べるより時々食べるとおいしさも格段です。

ポイントイラスト 様々な栄養素を取り入れて花粉症対策!

花粉症対策の食事療法と緩和の基礎は食事内容ということをしっかり認識し、いろんな食べ物の中で、たくさんの栄養素、いろいろな成分が取れるような食事をとるようにしましょう。 1日何品目を摂取するという目標を作って、さまざまな食材を食事とすると症状が緩和されます。

では、花粉症対策でどんな栄養素が食事療法でよいのでしょうか。 「花粉症によい栄養は何か?」と言う疑問がありますが、最初はタンパク質をとることが緩和につながります。 免疫の機能をあげるにも、タンパク質は必要ですので食事で症状を緩和したい人は、 このことを覚えておきましょう。タンパク質は卵や肉、魚などで簡単にとれます。


https://www.sougi-sos.com/
https://www.hotel-bed.net/


症状緩和に有効なビタミンとミネラル

ミネラルイメージ

次の花粉症対策の食事療法のビタミンとミネラルです。体内にあるも ともとの機能を有効させるためにはビタミン、ミネラルは花粉症対には 必要不可欠です。ビタミンでも、特にビタミンB6は、免疫機能が手際よく働くには大事な栄養素になります。 これが足りなくなってしまうと、アレルゲンの影響をうけてしまい、症状がより悪化してしまいます。

ポイントイラスト 花粉症対策にはビタミンが必要不可欠

花粉症の方は、目の粘膜や、鼻の粘膜に炎症の病状が目立つと思います。この炎症は痒みとなって現れます が、体内に、活性酸素が増加すると、炎症などは悪化してしまいます。それを避けるために、ビタミ ンC、ビタミンA、ビタミンEが、活性酸素を倒すための抗酸化作用が含まれている栄養素です。なので、食事療法と して、花粉症対策にはビタミンが必要不可欠といわれるのです。

ミネラルですが、そのなかの亜鉛がキーです。亜鉛が不足して しまうと、免疫機能が著しく下がります。加工した食品には亜鉛の吸収を妨害します。食品添加物をたく さん摂取すると、活性酸素が増加し花粉症の食事療法や緩和につながりません。



加工食品より和食

加工食品と生鮮食品で栄養素も大きく違うので、結果的に栄養バランスが悪化してしまいがちです。 大事な栄養素が足りなくなったり、成分がアンバランスになって食事療法にはならないので、こ れまで、加工食品を摂取しすぎている人は、早めに食生活を改善しましょう。

忙しくて自分でご飯を作れない人は、どうしても外食やコンビニに頼りがちですが、花粉症の 食事療法で、脂質が著しく低い和食の食事に変えるだけでも、バランスが改善され緩和につながります。 古くからいわれている、ご飯の主食、主菜、副菜などを、たくさ んのものを食べることがバランスを考えた栄養分を摂取することになるのです。

 お薦めの食べ物と控えたほうが良いもの
ひどい花粉症

花粉症より緩和するには、から揚げより魚の煮付け、ハンバーガーより肉じゃがを選び、野菜や海草などの栄養もよく考えた食生活にしましょう。 甘いものが好きな人にとっては聞きたくない話でしょうが、花粉症対策に糖分の過剰摂取はタブーです。

前述の通り、アイスやケーキなど糖分が多いものを摂取しすぎると花粉症の炎症が悪化し症状の緩和どころではありません。アイス以外にも、コーヒー、南国フルーツ、牛乳などの飲み物は体を冷却するので、日常的に取らないようにとは言いませんが、症状がひどい時には控えましょう。 甘いものを食べれないストレスはあると思いますが、花粉症の症状のストレスよりはマシだと思います。症状が落ち着くまでは 控えるか薬でコントロールできるのであれば薬でコントロールしてもよいでしょう。


https://shounani.co.jp/


花粉症対策にお薦めのもの1ーハト麦

花粉症の子供

花粉症対策の食事療法は今も色々研究が行われ、食材だけでなくその他のものが発表されています。こうした食材を花粉症対策として中国も取り入れています。日本でも緩和法の一環として取り入れられているので、そういったものも利用して症状を緩和していくとよいです。まずは、ハト麦をご紹介したいと思います。

みなさんご存知のハト麦ですが、中国の花粉症対策の食事療法にも合わせて使われています。日本 ではハト麦茶がこれにあたります。ハト麦はとてもよい効果があり、花粉症対策の食事療法と合わせるだけでなく、美容 健康食品としても使われています。そんなハト麦には花粉症を緩和させる免疫機能を改善させる作用が有 り、アレルギー反応を抑えるので、花粉症対策の食事療法に取り入れない手はありませんよね。

 花粉症対策にお薦めのもの2ー海藻
海藻類

上記の他にも、海藻類も花粉症に効果があります。海藻類には多くの食物繊維、ビタミン類を含み、花粉症の症状を緩和させる免疫機能を高める効果をもち、特に花粉症によいのが、スピルリナで免疫機能の向上で花粉症の緩和だけでなく抗ガン作用もあると注目を集めているのです。

また古来より日本人が大好きな食材としては納豆も食事療法として効果的です。 緩和方法として、納豆で免疫機能を向上させると言うより、花粉症の症状を引き起こす成分を中和して症状を緩和 させるという形です。症状を中和する分解酵素が豊富に含まれるのでそれにより、症状を緩和 できるのです。
 

 リノール酸の長所と短所

花粉症対策の食事療法や緩和方法でもう一つ知っておきたいのが、植物油に入っているリノール酸です。これは本来は身体に必要不可欠なものです。なので、体内に取り入れなければいけないもですが、摂取しすぎはNGです。まったく摂取しないわけでなく、接種しすぎに注意します。 植物油を使っている揚げ物だけでなく、ドレッシング、マヨネーズなどにも使われています。フライを食事としてサラ ダをドレッシングで食べるなら、それだけで植物油を取り込みすぎてるということになります。サラダにかけるものを変えるのも食事療法なのです。 サラダで健康的な食事だと思っていたら、ドレッシングでカロリーオーバーになっていたり持病に人がとってはいけない成分を多くとっていることもよくあります。

花粉症対策でお悩みの方へ最後に

ここまで花粉症対策の食事療法や緩和方法について、良い食べ物、悪い食べ物や日常生活についてご紹介してきましたが、もっとも基礎である食事は日常なので極端にすると挫折しやすくなるので、自分のペースで改善しましょう。そしてその中で、自分で「これは花粉症によい、これは花粉症に悪い」というものを覚えてよいものをとるようにしましょう。

 家族で協力しましょう
みんな元気に

家族に花粉症対策している人がいる家庭は、 花粉症による今まで書いてきた食事療法や緩和方法を十分に活用し、メニューを練って頂けると幸いです。食生活の改善は、元気な人にとっても健康を保つためにとても良きものとなるので、花粉症の人限定の事ではありません。家族が協力して行えば、花粉症の症状を緩和する、家族の元気な体作りにもつながるので、健康な家庭が生まれることでしょう。